RED STONE冒険記

無料オンラインゲーム「RED STONE」、「Green Alexandrite(グリーン・アレキサンドライト)」サーバーでの探険記です。

Yahoo! JAPAN


RED STONE個人ブログ更新状況
RED STONE関連の個人ブログの更新状況です。
おもしろそうな個人ブログや役に立ちそうな個人ブログを勝手に追加していってますので、
「そんな、勝手に人のブログの更新状況を表示するな!」
というブロガー様がいらっしゃいましたら、最新の記事に書き込み下さいm(__)m
RED STONE News(公式HPより)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
Happy♪Happy Christmas Eve 2006
今日は待ちに待ったクリスマスイヴですね(★ゝз・)σ★

クリスマスが終われば、今年もあとわずか。

今年は皆さんにとって、どんな年でしたか?

どんな感動がありました?

どんな人と出会えましたか?

必ずしも、全ての人々にとって、いい年だったとはいえないと思いますが、笑って次の年を迎えて欲しいと思っていることは言うまでもありません。

今週、月曜日のブログだったかと思いますが、今日は本日行われる、

有馬記念予想

の公開です。

もちろん、

ディープインパクト

は、普通であれば、圧倒的に強い馬だと思いますし、日本で生まれた馬で凱旋門賞3着(後に失格)は、恐らく、今後もなかなか見れないと思います。

なお、日本国籍のエルコンドルパサーが同じ凱旋門賞2着していますが、オーナーが日本人なだけで、産まれたのはアメリカです。
ただ、1999年の凱旋門賞のレースVTRを何回見ても、あのレースは当時のモンジュー(フランス)陣営の作戦に単独で挑んで2着しただけでも相当な馬だとは思いますが。


ただ、今回は、今度だけは、ディープインパクトを本命には一抹の不安を感じてしまいます。

①引退レース

ディープインパクトは、今年の有馬記念で競走馬としては引退しますが、引退した後は種牡馬としての活躍が期待されています。
来年からは、種牡馬としてのシンジケートも組まれている訳で、有馬記念のために、馬に故障が発生する可能性を犯してまでも目いっぱいのレースをするとは考えづらい。
全走の「ジャパンカップ」こそが本気モードな訳で、この「有馬記念」は無事に周ってきてくれればいいというのが陣営の本音としては当然だと思います。
というのが、「ジャパンカップ」の優勝賞金は2億5000万なのに対して、「有馬記念」は1億8000万です。
ゆえに、現在では、一生に一度の名誉をかけた「日本ダービー」、日本のレースで最高賞金をかけた「ジャパンカップ」が最高峰のレースであって、「有馬記念」はこの時期まで余力を残している馬が勝つレースだと思います。
今回のディープインパクトは、夏の休み明け3戦目で、使いすぎでは決してないものの、鉄砲(休み明け1戦目)があの「凱旋門賞」、2戦目が「ジャパンカップ」で、過酷以外の何ものもないレースをつかってきています。
この馬は、3歳クラシック戦線の皐月賞・日本ダービーがそうであったように、出遅れ癖があって、それでも直線一気のごぼう抜きで勝ち切れる天才的な馬だとは思いますが、今年のジャパンカップのように、最後まで叩いて勝っている訳ではありません。
どうも、今年の「ジャパンカップ」を見ていると、これまでのように余裕で勝ったというのではなく、何とか勝てたという印象を受けてしまいます。

②前年度2着→1着はない。

過去の20年の有馬記念のデータを見ても、前年度2着だった馬が1着でくるということがない。
1着→1着、2着→2着、3着→1着のケースはありますが、去年2着だったディープインパクトにはいやなデータです。

③中山2500mの極端な追い込みは届かない。

東京競馬場に比べて、中山競馬場は小回りコースで、有馬記念の行われる2500mのコースは6回もコーナーを周り、さらに、最後の直線が短い。いかに、早い馬であっても、4コーナーでは先行集団が射程圏内にないと、極端な追い込みはきまりにくいコースです。
どうしても、ゲートの出が悪いディープインパクトにとっては、いなやなコースです。

もちろん、ディープインパクトの実力からして、他の馬との実力差でアッサリということは十分に考えられるものの、ここで本気を出しまでとは考えにくいような気がします。

今年の有馬記念は、前にいく馬と後方待機の馬をうまを比べた場合、圧倒的に後方待機の馬(差し・追い込み)が多い訳で、あまりにもディープインパクトの出方を気にしすぎて、前々でレースを進める馬のマークはゆるくなってしまうのではないか。

その中でも、この有馬記念まで余力を残している馬がいれば、1発あってもおかしくはないのではないかと思います。

◎6枠10番 アドマイヤメイン
前走の海外遠征を含め、秋以降、パッとしない成績ですが、いずれのレースも3番人気以内の馬で、自分の思うようなレースはさせてもらっておらず、人気薄の今回は1発あってもおかしくはない。
7番 コスモバルクも前々でレースを進める馬ですが、何が何でも逃げる馬でもないし、ここは楽に逃げのパターンに持ち込めば非常に怖い馬です。

アドマイヤメインの「単勝」・「復勝」で勝負が正道だと思いますが、アドマイヤメインからいくのであれば…。

買い目

復勝 10番 アドマイヤメイン 50%

馬連 3-10 10%

   6-10 10%

   5-10 10%

   8-10 10%

   4-10 10%

これが当たればウハウハです。

なお、オッズを見ていただければおわかりいただけると思いますが、決して、家が傾くほど買う馬券では決してありませんw

  ↓クリックよろ↓
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
今、競馬場ですが…
今日は、全レース終了後、ディープインパクトの引退式が行なわれることもあって、身動きが取れないくらいくらいですhttp://blog16.fc2.com/image/icon/i/F9C8.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
パドック→馬券→レースなんて、とても無理そうですhttp://blog16.fc2.com/image/icon/i/F993.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
パドックを見ずに馬券なんて、リスキー極まりないのですが、仕方ないかなhttp://blog16.fc2.com/image/icon/i/F997.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
2006/12/24(日) 14:11:29 | URL | thief #2WdbYHDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。