RED STONE冒険記

無料オンラインゲーム「RED STONE」、「Green Alexandrite(グリーン・アレキサンドライト)」サーバーでの探険記です。

Yahoo! JAPAN


RED STONE個人ブログ更新状況
RED STONE関連の個人ブログの更新状況です。
おもしろそうな個人ブログや役に立ちそうな個人ブログを勝手に追加していってますので、
「そんな、勝手に人のブログの更新状況を表示するな!」
というブロガー様がいらっしゃいましたら、最新の記事に書き込み下さいm(__)m
RED STONE News(公式HPより)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
失われた宝物
8月に入っても、あんまりパッとしない天気の日が続きますが、学生さんが休みに入ってゲームの方は盛り上がってますね。

秘密ダンジョンポタ

再び、秘密ダンジョンのポタ出しに強烈な時間がかかって、パーティーがドンドン抜けていって、結局は残った2~3人でポタ出し→再募集という日々が続いておりますw
挙句の果てに、ポタが出たはいいけど、

サーバー混雑

ダンジョンに入るのもひと苦労です。
秘密ダンジョンが実装された時のように消滅しないだけマシかといったところです。

そんな中、迷惑な、

攻撃妨害∑(TдT ;)

にもめげず、頑張っています。

さて、このクエ、以前に記事にしたことがあったかと思ったのですが、実は書いてなかったんですねw

ま、今更のクエで、知っている方が多いかと思いますが、この夏から始めた方がいることを願いつつ、いってみましょう。

レベル100から受けられる、

1回のみのクエです。

レベル100でソロでクリアするのはちょっとキツイかなと思いますが、経験値ボーナスが「鎧クエ」、鎧製作キャンセルバージョンより多くゲットできますので、結構おいしいクエです。

まずは、スマグ→↑のMAPの「ヘムクロス高原/アラク湖付近」から、「タワー洞窟地下道1F」に入り、

カトナ

「カトナ」からクエを受けます。

クエ自体は単純で、

カスター

MAPの真ん中あたりにいる「カスター」を倒して、「鳳凰賞の模造品」と「フォームガードの模造品」を取り戻せばいいだけなのですが、とにかく、このダンジョン、周りにスナッチャーがウジャウジャ沸いて、無防備に突っ込んで行くと囲まれてしまいます。

さらに、この「カスター」が硬い&攻撃がなかなか当たらないで苦戦するクエですね。

大体5~6体でクエ品が手に入ると思いますが、パーティーの手伝いなくソロでクリアする場合は、上の位置辺りに沸くので、できるだけスナッチャーにタゲられないようにすることがポイントです。

鳳凰賞の模造品

1回クエ品が手に入ったら、

1回目アップデート

「カトナ」の元へ戻ります。

スナッチャーにフクロにされるのを恐れながら

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガク

そして、もう一度、さっきの「カスター」を狩りに行きます。

2度目のカスター

ほぼ確実に

スナッチャーにフクロにされるのを恐れながら

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガク

そして、同じように「フォームガードの模造品」を手に入れたら、

クエ終了

「カトナ」の元に戻って、はいおしまい。

なんて、

簡単!

お手軽!!

ウマウマ(*^▽^*)/

な、訳ねーよ……(-。-) ボソッ

なクエです。

最後のクエ終了のところで、ポイントは、

「さぁ、お礼はこの位でいいですか?」

の選択肢で、

「はい。では、良い旅行になるように。」を選択すると、クエは終了。

「いいえ、少なすぎます!」を選択すると、

さらに、10万G(\∇\)

もらえます。

ここは、度あつかましく、下の方を選択しましょうwww

このクエ、レベル100で受けるのであれば、パーティーの補助があった方がいいと思いますが、ソロでいく場合は、周りのスナッチャーの妨害を受けずに、いかに「カトナ」と一騎打ちするかがポイントです。薬回復装備&大量のポーションがあれば、何とかなるか。。

nbsp; ↓クリックよろ↓
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。