RED STONE冒険記

無料オンラインゲーム「RED STONE」、「Green Alexandrite(グリーン・アレキサンドライト)」サーバーでの探険記です。

Yahoo! JAPAN


RED STONE個人ブログ更新状況
RED STONE関連の個人ブログの更新状況です。
おもしろそうな個人ブログや役に立ちそうな個人ブログを勝手に追加していってますので、
「そんな、勝手に人のブログの更新状況を表示するな!」
というブロガー様がいらっしゃいましたら、最新の記事に書き込み下さいm(__)m
RED STONE News(公式HPより)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
スウェブタワー10F
サブBISのメインクエでアルパスの骸骨を狩っていていいこと発見しました^^

「お!格闘服!!」

今更気づいた訳ですが、一気にメインの方で光がさしてきましたね。

何度もいいますが、

飛虎

狙ってるんです。

自分が装備する訳じゃないけどね。

早速、行ってきましたよ!!

スウェブタワー10F

スウェブタワー10F

最近、もう適正から外れてしまっているので、展示場では良品が出ないんです。

あくまでも個人的な感覚ですが、適正↑のMOBからは良品はゲットできますが、適正↓のMOBを狩っても良品どころか、アイテムドロップすら悪くなるように思えます。

でも、そんなん当たり前のことで、極端な話、レベル300位になって、トワイライト滝あたりでじゃんじゃん狩られて、良品がじゃんじゃん出るようであれば、はっきり言って適正のプレイヤーに迷惑な話で、そういう仕様なのだと思います。

この日は、試しにちょこっと狩ってみましたが、

無限矢いぱ~い

Uを含め、合計7本の無限矢が出ましたよっと。

リングじゃあるまいし、そんなに出ても需要のないものですが…。

ここの狩場、強奪シーフにとっては、かなり忙しい狩場です(>□<〃)

狩るだけなら、柔らかい方なのでサクサク狩れてしまいますし、特にどの装備がないと狩れないとか、どの攻撃ができないと痛いとかいうのがない、とてもイージーな狩場です。
※11Fの方はデスナイトが結構キメラ入ってるので注意(>_<)

最近、ようやく強奪も板についてきて、

投げ
※水・風・光・混乱攻撃でダメをくらいにくくするため。本当はポイゾネスダガーで毒をまわしたいのですが、ミスることもあるのでダブスロを1発入れてます。



強奪



倒す
※ここで暗殺が流れ的にはいいのでしょうけど、これまでの狩場だとダブスロで十分です。というより、暗殺スキルを上げすぎるとCP消費が激しくなりすぎて、今の自分には到底つかいこなせませんw

の手順で狩ってますが、このどこかでアイテムを壊すことが重要になってきます。マメに壊していかないと、イベントリーがすぐいっぱいになってしまって、

うざいウィンドー

このうっざいウィンドーが開いてしまいますw

このウィンドーのおかげで、何回死の恐怖に怯えたことか。。

ある程度、硬いMOBの狩場であれば、強奪→倒すの間に十分にアイテムを吟味して壊せばいいのですが、ここのように柔らかいMOBだと瞬間的にアイテム内容を判断し、即座に破壊するという、いわば、早押しクイズのような能力(そこまではいきませんがw)が要求されてしまいます。

寝落ち寸前では決してお勧めできない狩場ですね(>_<)

しかも、ここ、BIS用の鈍器も手に入る狩場で、今の自分には願ったりかなったりの狩場ですね。

ちなみに、攻速40%の棍棒(力要求の低いもの)って、4億位もしてしまうのですねw

大量の無限矢のおまけに、

教主・木の棍棒

なんか、PT戦では結構使えそうな鈍器も手に入りました。ってか、このおまけの方がうれしかったりしますが。
攻速の方は極端に上げても、一定の水準を越えると効果が実感できないし、秒殺に力を注いだところで狩れる範囲は通常は限定するものなので、大至急欲しいアイテムでもありませんが、ついでにドロップしてくれればうれしいかなっと。DX系のアイテムだけは簡便して欲しいですけど。

  ↓クリックよろ↓
【人気blogランキング】
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。